<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

今、地方創生!!

わたくしはただいま「地方創生」を受け、
日本各地を訪問させて頂いております。

各地方のご活躍の様々な方々とお会いしております。
それぞれの地方の特色、おいしさ、すばらしさに
改めて感動しております。
 
11年前、北海道で「おたる政寿司」と出会い、
小樽の食文化を銀座と新宿高島屋に
ご誘致プロデュースさせていただきました。
今、「おたる政寿司」は小樽の食文化を日本中に、
また世界に発信するほどに発展いたしました。
 
これまでに、こんな事例をいくつか作らせていただき、
地方の食文化の素晴らしさを
日本中、世界中に発信して頂く
お手伝いをミッションの一つとしてまいりました。
 
今後も数多くの出会いが
末永い良いご縁となります事願っております。
 
レストランドクターは、
全国のレストラン経営者の皆様と手を取り合い、
熱い思いを持って必ずご繁栄・ご発展へと
導いてまいります!!!
 
それがわたくしの無上のよろこびです。
 

| - | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

「特別あつかい」を求めるお客様

みなさん、こんにちは。
石川幸千代です。
寒い日が続きます。
くれぐれもご自愛くださいね。


先日、とある名声店にお食事にまいりました折、
こんなことがございました。

事前に予約をとった上でおうかがいしたのですが、
名前を告げると「少々お待ちください」と言われました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

わざわざ予約をとってうかがったのに、
名前も時間も席も覚えて下さらなかったのかな、と、
残念に思いました。

お客様は、いつでも「特別あつかい」を求めます。
お店から大切にされたいと思っているのです。

もし、大切な商談でうかがったのなら…
もし、家族の記念日でうかがったのなら…
もし、恋人を連れていったのなら…

みなさんはどのような対応をお店に求めますか?

お店の繁盛は、まずお客様を大切にすることから。
どうしたらお客様が喜んでくださるのか、
そんなことを毎日毎日考え続けているお店こそ、
大きな支持を得ていくのです。


 

| - | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) |

明治大学創設100周年記念出版に掲載されました。

大変光栄かつ恐縮なことに、
明治大学商学部創設110周年記念に出版されました
「ビジネスと教養」という本に、
わたくし石川がOBの一人として載せていただきました。

多くのご活躍の明治大学OB・OGの方々の中に紛れ、
その一人として選ばれましたこと、
大変恐縮し身が引き締まる思いです。





 

| - | 19:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

「国際ホテルレストランショー・セミナー開催」のお知らせ

★第42回国際ホテルレストランショー
2月18日(火)〜21日(金) 10:00〜17:00
会場:東京ビックサイト 東展示棟
入場登録料:3000円(招待券・WEB登録証持参者は無料)
http://www.jma.or.jp/hcj/jp/visit/index.html

外食・ホテル産業に特化した大型展示会に弊社が出展いたします。
実際のお手伝い事項のご案内、これまでの実績紹介などを行います。
また、無料経営相談コーナーも設置いたしますので、
ぜひこの機会に、お気軽にお立ち寄りくださいませ。


★石川幸千代セミナーのご案内
「レストランドクタープロジェクトのノウハウ」
2月19日(水)14:40〜15:20
会場:東5ホール HCJセミナー会場

弊社代表・レストランドクター石川幸千代が、
繁盛店つくりのノウハウを約650社の成功実績を基に
紹介いたします。



 

| - | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) |

中国で活躍の経営者へのセミナー

   97日(土)、目黒雅叙園にて

中国のレストラン経営者の方々を対象にセミナーを行っていました。

中国国内でレストランチェーンを展開されている経営者の方々で

年商30億円前後の経営者が大多数でしたが、

皆様、大変勉強熱心で、日本の食文化から、サービス、生産技術に至るまで、

非常に多くのご質問を頂き、時間が足りなくなってしまう程でした。

この姿勢にはとても感心させられましたが、

それと同時に「日本の外食産業も負けていられない!」と強く思いました。

 

今や、日本の外食産業は世界一と言っても過言ではないと思います。

国内だけではなく、この世界一の産業を今後は海外にも発展させていく事が

求められています。

我々レストランドクタープロジェクトも、

『感動』と『いやし』を提供する為に、よりグローバルに活躍の場を広げる

必要があるのかもしれませんね。






| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

久しぶりの『感動!』

 

残暑お見舞い申し上げます。

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

お陰様で大変忙しくさせて頂いており、

なかなかブログの更新が出来ておりませんで

 申し訳ございません。。。
 

先日、「ボキューズ・ドール国際料理コンクール」で

日本人で初めて受賞されたシェフのいらっしゃる

 レストランに伺って参りました。

お写真をお見せ出来ないのが残念ですが、

お料理がとても斬新、かつダイナミックで、大変感動致しました。

 

仕事柄、海外、および日本中の素晴らしい様々なレストランを

 拝見しているせいか、
最近はなかなか『感動する!』といった事が

 少なかったのですが・・・

 

この感動を大切に、スタッフともども

 新しい繁盛店創りにチャレンジします!

| - | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

誕生日を祝う事。

 『感動』をテーマにブログを更新していきます♪

今週の『感動』は・・・


GWも前半がおわりましたね。

街にはたくさんの人が溢れて、ちょっとしたお祭り騒ぎですね。

そんな中、ある屋台レストランでお食事をしました。

気温もあたたかくなり、外でのビールがおいしい時期!

話もはずみ、お店も盛りあがってきた時

ふっと電気が消えBGMが変わりました。

そう、その日のお客様にお誕生日の方が!!!!

お誕生日のいるお客様のグループだけでなく、

まわりのお客様からも拍手やおめでとうの声が♪

そんなサプライズを考えて用意したお友達の方

そのタイミングを見計らってケーキの準備をしたお店の方

サプライズに偶然居合わせたにも関わらず、歓声をあげてお祝いしてくれる方々

心が温まるひと時でした。



誕生日は1年に1回の特別な時。

人それぞれ 誕生日に思いはあると思います。

それを覚えていてくれて、さらに祝ってくれると、やはり嬉しいですよね♪


一日一日 目の前のことをこなすことでいっぱいいっぱいになってしまっても

ふと、こんなことがあると振り返る時間ができます。

そんな時、心新たに、後悔しないように生きていこうと思うのです。

| - | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) |

『感動』をテーマに・・・

弊社の目の前の歌舞伎座がオープンし

連日、多くの方が歌舞伎座に訪れ、町全体が賑やかになりました。

景気も少しずつ回復を見せ、

明るい話題がもっと増えますように、と願っています。 

そこで、

今週から

『感動』したことをテーマにブログをアップして行こうと思います。

『感動』の波が皆様にも届いて、

HAPPYな気持ちになっていただければと思っています。

どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

| - | 13:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

沖縄料理 いちゃりばえんが掲載されました

先月、いちゃりばえん秋葉原店にて行わせて頂きましたレセプションの様子が

4月1日 (月)『水産タイムス』に掲載されました。

“新・沖縄料理”を更に多くの方に知って頂け、

とても感激しております。

| - | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

『新沖縄料理』御試食会

弊社の目の前の歌舞伎座が大変にぎわい、

一気に大輪の花が咲いたような活気あふれる雰囲気でございます。

 

先日、瑞泉様御尽力のもと、

『沖縄を代表する泡盛酒造瑞泉』×『沖縄料理いちゃりばえん』

第一回御試食会を開催させていただきました。

 

日本を代表する健康長寿の沖縄食文化を

イタリア料理ベースにアレンジし、

『新沖縄料理』をご提供させて頂きました。

 

沖縄の素晴らしい食材と伝統的な沖縄料理を源として

『健康で美しくなる食事』をテーマに、スタッフ共々

新しい沖縄食文化の一役を担わせて頂けたら嬉しく存じます。

 

 

沖縄元気料理いちゃりばえん ホームページ

↓↓↓

http://r.gnavi.co.jp/e002404/

| - | 13:12 | comments(0) | trackbacks(0) |

| 1/4PAGES | >>